ワタクシ(九州支部長)が6年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

カレー粉

若かりし日
サーフィンに誘われたものの
直射日光に美肌をさらすのが嫌で
日陰で砂に文字を書いていた
意識高い系
ワタクシ(九州支部長)です
でも
ネットサーフィンは得意です


で、ネット情報



手持ちのバイオフーズジャパンの低フォドカレー粉が無くなりつつあり
ネットでの扱いもあまりないので
他の商品はないかと物色


こちらは以前から見つけていたもの
モティバイ家秘伝 カレーパウダー
https://item.rakuten.co.jp/kenkocom/x483970h/
原材料名:コリアンダー、クミン、スターアニス、カシア、ブラックペッパー、クローブ、アジョワン、フェンネル、ターメリック、ブラッククミン、食塩


スリカレー カレースパイスセット
https://item.rakuten.co.jp/kenkocom/x394370h/
原材料名:コリアンダー、クミンシード、ディル、シナモン、チリ、カレーリーフ、クローブ、スクリューパイン、カルダモン、レモングラス、ターメリック


スクリューパイン
昔、スリランカの人にカレーを教えてもらった時に、たしかこのスパイスが手に入らなくて・・って記憶があります。



ネネさん使用のカレーパウダーは

こんな感じ
Organic coriander, organic turmeric, organic cumin, sea salt, organic fenugreek, organic cayenne 35K H.U., organic ginger, organic cinnamon, organic cloves, and organic nutmeg.



バイオフーズジャパンのカレー粉は
原材料:有機ターメリック・シナモン・カレーリーフ・レモングラス・生姜・白胡椒


低フォドを知る前に
ニンニクとか玉ねぎはお腹に悪いなあ・・と感じていたものの
それは硫化アリルなどが要因かと思っていたが
FODMAPを知って
なるほど!と思った事を思い出します。


もちろん
FODMAP以外にも腹部症状を起こす原因はあるので
スパイスのような複雑多岐にわたる食材は慎重に扱った方が良いかもしれませんね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。