ワタクシ(九州支部長)が5年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

おこめん 

虫も殺せぬ
ワタクシ(九州支部長)です。


おこめんだそうな。


これかな?

原材料はシンプルみたい
だけど
グルコマンナンが入っている?


これを入れるのは
カロリーを抑えるから?
食感?


いずれにしてもチャレンジ期の食材だけど


グルテンフリーや
米粉消費拡大!

色々な人が頑張れば
こういう商品が生まれてくるのですね。


調べると
おこめんは
こちらの会社の商標だそうで


JA周桑は同社に委託して100%周桑産ヒノヒカリを使った「周ちゃんのおこめん」を製造しているとのこと


こちらの会社は
米粉とでんぷんを主体としていて
何故、米粉100%に拘らないかの旨、ホームページに記載しています。
当初はトレハ、小麦などを使用していたことなども載っています。
非常に共感を持てます。


低フォドマップ食の完全普及が先
と考えていた
ワタクシ(九州支部長)も考えを改めなければなりません。



おそらく、こちらに委託すれば色々な米粉麺ができるようで
地域の特産品や廃棄予定の野菜なども麺に練りこむといった実績があるようです。



ということは
米粉とでんぷん、ホワイトソルガム
などで完全低フォド麺も夢ではない
のではないでしょうか!!!
小麦は使わないという事なのでスペルト小麦米粉麺はかなわないでしょうが。


ホームページ内に同社製品の原材料が記載されていないので
JA周桑と同じくグルコマンナンが入っているかはわかりませんが
完全低フォド麺に希望の光が見えて来たかもです。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。