ワタクシ(九州支部長)が4年以上実践しているお腹が痛くならない「低フォドマップ(FODMAP)食」の効果

過敏性腸症候群(IBS)はFODMAPを含む食品を食べる事で、大腸内のガスが増えて、下痢や腹痛などが起こる症状です。
FODMAPとは小腸で分解や吸収がされにくく、大腸で発酵し、ガスを発生やすい各成分のことです。「ふぉどまっぷ」と読みます。
Fermentable(発酵性)Oligosaccharides(オリゴ糖)Disaccharides (二糖類)Monosaccharaides (単糖類)And Polyol(ポリオール)
の頭文字をとったものです。
ワタクシも30年以上IBS症状に悩み、病院に通い、様々な健康食品を試しましたが効果がなく、鬱々した日々を送っていましたが、IBSに効果がある「低フォドマップ食」を実践して、うっとうしいお腹の症状が軽快しました。
お金はほとんどかからず、知識と少しの努力で実践できる「低フォドマップ食」

IBSに悩む方々は1度チャレンジしてみてはどうか?と思う今日この頃です。

ワタクシ(九州支部長)。今日の夕食。

さて、ワタクシ(九州支部長)は低フォドマップ食初心者には
鍋料理を推奨します。
低フォドマップに分類されている食材を鍋で煮るだけでよいですから
簡単です。
特にこれからは寒くなりますから良いですよね。



今日は水炊き
でした。


ワタクシ(九州支部長)のレシピは


鶏ガラ、しょうがでダシをとる。
そのスープで、鶏ぶつ切りを煮る。日本酒多めに入れる。
白菜を入れる
カボス醤油に手作り柚子胡椒(ゆず皮と塩のみ)で食べる
です。


スープとるのがめんどくさい人は


鶏ミンチとしょうがで団子を作って入れれば
味が出ます。


市販のポン酢は成分注意です。